【マイホーム購入!】知ってますか?令和2年からの所得税増税!正直きつくないですか?所得税がどれだけ増えるのか年収ごとにシミュレーションしました!

マンション購入

年収850万円以上のヒトは令和2年分から所得税が実質増税となります。正直きつくないですか?消費税も上がったばかりだというのに・・・。将来的な視点で考えると、見込みの収入額が減少しますので、繰り上げ返済がしにくくなる可能性、ひいてはローン破綻まで至る可能性すらあります。正直きつい『令和2年所得税実質増税』について見ていきます。

スポンサーリンク

令和2年からの所得税実質増税!マイホーム購入の大きな痛手となるのか!?

そもそも所得税の仕組みってわかりにくいですよね。
ブラックボックスとまでは言いませんが、基礎控除やら所得控除やら・・・何がなんやら・・・
という方にこそ、知ってもらいたいです。
自分の手取り額が変わってきますので、ある程度知識を入れておきましょう!!

基本的には、この計算式が成り立ちます!

所得税=(給料-控除額)×所得税率
でも『控除』と一言で言っても、色々な控除があるんです。
所得税率も収入に応じて人それぞれです。
あえて一般人が計算しにくくしているのは政府の作戦でしょうか・・・と勘ぐってしまいます。

令和2年からの所得税の『基礎控除』について

まず所得税の控除の1つ『基礎控除』についてです。
『基礎控除』とは、所得税がかからない収入ということで、高収入な人も低収入な人も皆一律です。

『基礎控除』については、非常にわかりやすいです。

所得税の計算に関しては、

  • 現行制度では、38万円の基礎控除
  • 令和2年からは、48万円の基礎控除

だけです。
つまり、単純に考えると非課税額が10万円もアップするので、課税対象額が減る!!

⇒手取り額がアップする??(やったー!)
・・・と思いませんか?

・・・しかし、残念ですが、そう単純なものではございません・・・

『えっ、どういうこと?』と思った方!
次の『給与所得控除』についても見てください。

令和2年からの所得税の『給与所得控除』について

『給与所得控除』とは、収入に対する控除額のことで、収入に応じて控除される額(所得税が非課税となる額)が変わってきます。

まず現行では、年収ごとの給与所得控除額は、以下の通りです。

  • 360~660万円 ⇒ 給与所得控除:収入金額×20%+54万円
  • 660~1,000万円 ⇒ 給与所得控除:収入金額×10%+120万円
  • 1,000万円超 ⇒ 給与所得控除:一律220万円(上限額)

まあ、こんなものです。
それがなんと!
令和2年からは、次のように改正されてしまいます!

  • 360~660万円 ⇒ 給与所得控除:収入金額×20%+44万円
  • 660~850万円 ⇒ 給与所得控除:収入金額×10%+110万円
  • 850万円超 ⇒ 給与所得控除:一律195万円(上限額)

しっかり見てください!!
控除額が減っていますよ!

詳しく見ると、
360~850万円までの年収層は、一律で10万円も給与所得控除額が減額されます。
850万円超の年収層は、単純には計算できませんが少なくとも10~25万円も給与所得控除額が減額されます。

つまり、基礎控除と給与所得控除を合わせて考えると・・・

年収850万円以下の場合 ⇒ 『基礎控除額』+10万円&『給与所得控除額』-10万円
プラスマイナスゼロ!!

年収850万円の場合 ⇒ 『基礎控除額』+10万円&『給与所得控除額』-10~-25万円
プラスマイナスゼロ~-15万円

つまり、
850万円を境に控除額がマイナスになるということは、
⇒課税対象額が増える!!
⇒増税ということです!!

わかりにくい制度になっていますけど、
結局のところ年収850万円超の人は所得税増税なんです!!
税金について色々と知っておいた方が良さそうですね!

これだけではありませんよ!住民税についても見てください!
スポンサーリンク

令和3年からは住民税も実質増税!マイホーム購入は大丈夫??

しかも残念なことに、増税となるのは所得税だけではないんです!!
住民税だって、同じなんです。
控除額が減額されてしまいます。。。
所得税と同じ考え方でOKです。基礎控除額が違うだけです。

令和3年からの住民税の『基礎控除』について

  • 現行制度では、33万円の『基礎控除』
  • 令和3年からは、43万円の『基礎控除』

です。
『非課税額が10万円もアップするから、課税対象額が減る!!』
⇒『やったー、収入アップだ!!』
・・・ではないんですよね。

はい、以下の給与所得控除があるからですね。

令和3年からの住民税の『給与所得控除』について

上記の所得税の数値と全く一緒です。

つまり、住民税に関しても基礎控除と給与所得控除を合わせて考えると・・・

年収850万円以下 ⇒ 『基礎控除額』+10万円&『給与所得控除額』:-10万円
プラスマイナスゼロ!!

年収850万円 ⇒ 『基礎控除額』+10万円&『給与所得控除額』-10~-25万円
プラスマイナスゼロ~-15万円

所得税の場合と全く同じです・・・

つまり、住民税も850万円超の年収の方は、実質増税です。
スポンサーリンク

令和2年から所得税実質増税!マイホーム購入への痛手は??

  • 令和2年から所得税が実質増税
  • 令和3年から住民税が実質増税

でございます・・・ダブルパンチです!!

マイホーム購入にあたって、1つの懸念材料になりますね。
所得税も住民税も増税になってしまうかもしれないのですから。

ただ、皆さん、手取り額が激減するわけではありません!!
年収850万円超のヒトの場合、手取り額が微減となるに過ぎないですね。
(もちろん、痛手には間違いありませんが・・・)

というわけで、所得税も住民税も微増する方もいらっしゃると思いますが、あれこれ悩んでいても仕方ありませんので気にせず買ってしまうのが良いでしょう。善は急げです。結局精神論になってしまいましたかね?

日本の累進課税制度に関しては、問題が多いように思います。
万遍無く全ての年収層から、課税額を増やす仕組みを作ったほうがいいと思いますがね。とはいっても、国を動かすためには取れるところから取るというのも仕方のないことなのかもしれませんが・・・政治はむずかしいですね。

↓不動産投資にとても興味があります。マイホーム購入が一通り済んだら、不動産投資を進めていきます!今はまだ情報集めている状況ですが、town lifeは比較的良さそうです。

コメント